●わらび劇場公演 06年4月〜07年1月  ●全国公演07年2月〜07年9月
義経 - 平泉の夢
ものがたり
義経と平泉
キャスト
スタッフ
スタッフメッセージ
期待の言葉
公演日程
関連リンク
オンラインチケット販売
 
先生方へ
芸術鑑賞の
ご案内

* 制作にあたって
* 稽古風景
* 初日の様子

* 舞台より







ミュージカル「義経 平泉の夢」公演へのご支援をお願いします。

 日本人が最も愛する英雄の一人である源 義経と古都平泉をモチーフとしたミュージカル「義経 平泉の夢」が、劇団わらび座により2006年は本拠地のわらび劇場(秋田県田沢湖町)において年間公演され、また、2007年は全国の義経ゆかりの地などで公演されます。

劇団わらび座は、東北の地で坂上田村麻呂ひきいる朝廷軍を相手に戦った「アテルイ」や岩手県が誇る宮澤賢治の作品である「銀河鉄道の夜」をはじめ、これまで東北の歴史、文化や伝統を題材にしたミュージカルを数多く公演してまいりました。

「義経 平泉の夢」は、わらび座創立55周年・たざわこ芸術村 10周年を記念して、全国で公演する運びになったものでありますが、現在平泉の文化遺産の世界遺産登録に向けて取り組んでおります本県にとって、大変喜ばしいことと感謝しております。

平泉の文化遺産は、藤原四代にわたる平安末期約100年間に、藤原氏一族が都の文化を受容しつつ、独自に発展させた仏教寺院・浄土庭園などの華麗な黄金文化遺跡群であり、日本の古代から中世への過渡期における地方文化の傑出した事例であるとの評価をいただいているところであります。

全国各地で、この公演をご覧になった多くの皆様が来県され、古都平泉の風を感じながら、義経と藤原氏が描いた夢に思いを馳せていただければ幸いに存じます。

 ミュージカル「義経 平泉の夢」公演の成功に向けて、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。

  平成17年8月
岩手県知事

ミュージカル「義 経」−平泉の夢−に寄せて

 わらび座ミュージカル「義経〜平泉の夢」が、「たざわこ芸術村10周年/ 劇団わらび座55周年記念作品」として制作され、岩手県の共催により、全国公演されますこと、大変おめでとうございます。

 皆様もご存知のとおり、源義経は、平安末期の激動の時代を駆け抜け、時空を超えて日本人に愛され続けてきた名武将であり、東北の地、平泉の存する当地方が育んだ英雄でもあります。その雄姿を、数百年の時を経て、現代に蘇らせることは、地域の文化振興の上でも大変有意義なものであると感じております。

 当市には、平泉文化と関係の深い「骨寺荘園遺跡」があり、「平泉の文化遺産を世界遺産へ」を合言葉に、関係機関と連携を図りながら、世界遺産登録推進に向けた運動を展開しているところであり、その機運の高まりと歩調を合わせ、同公演が開催されますことは、大変喜ばしい限りであります。

 劇団わらび座は、東北地方に根をおろし、東北の歴史や民俗芸能等を題材に地域と共に歩みながら、多彩な表現で現代の心を描きだす劇団としてご活躍をされております。
義経が追い求めた夢とロマンを広く伝え、当地方の文化の誇り、財産を、日本にとどまらず、世界に発信していく架け橋として、「義経〜平泉の夢」公演がより多くの方々にご鑑賞いただき、義経の生涯を通して、藤原文化の奥深さに触れていただき、平泉文化をご理解いただければ、幸いでございます。

 ミュージカル「義経」公演の成功に向けて、皆様方のご支援、ご協力賜りますようお願いいたします。

  平成17年7月
一 関 市 長 浅井 東兵衛

ミュージカル「義経〜平泉の夢」公演に寄せて

 わらび座ミュージカル「義経〜平泉の夢」が、「たざわ湖芸術村10周年・劇団わらび座55周年記念作品」として、本年4月から「わらび劇場」で好評のうちにロングラン公演を続けておられますことを、心からお喜び申し上げます。

 平泉の原点は、平安時代の末期、自ら戦乱の中を生き抜いた、奥州藤原氏初代・清衡(きよひら)公が、仏教思想に基づいてこの地に争いのない平和な理想郷、浄土空間を現出させたところにあります。中尊寺、毛越寺に象徴されるその精神は、藤原氏の滅亡から800年余りを経た現在も、脈々と受け継がれています。

 義経はその平泉に、三代・秀衡(ひでひら)公の時代、16歳から22歳までのおよそ6年間と、29歳から31歳までの最後の2年間を過ごしました。皆さんご存知のように、義経は平家打倒の一番の功労者でありながら、兄・頼朝に追われ、最後は平泉で妻子とともに非業の最期を遂げました。程なく、奥州藤原氏も頼朝に攻められて滅んだのです。

 現在、私たちは、先人から受け継いだ史跡、建築、景観といった文化遺産の、平成20年の世界遺産登録を目指して、国や岩手県、近隣市と協力しながら活動を行っております。さきには、日本政府として「平泉−浄土思想を基調とする文化的景観」の名称で世界遺産への推薦が決定され、登録に向けて弾みがつきました。

 主題歌「平泉伝説」をお聴きになれば、きっと平泉への郷愁をかき立てられることでしょう。このミュージカルをご覧になった皆さんには、是非、平泉を訪れていただき、義経の足跡をたどりながら、平安の昔に思いを馳せていただければ幸いと存じます。

 来年からはいよいよ全国公演に入るミュージカル「義経〜平泉の夢」が、全国の多くの皆様にご覧いただきますよう、ご成功を心からお祈りいたします。

 平成18年9月

平 泉 町 長 高橋 一男




このホームページに掲載しているイラスト、その他掲載物の無断転載を禁じます。
Copyright(c)Warabi-za All Rights Reserved.