●全国公演 04年11月〜12月














ものがたり
(1幕・95分)

於仁丸・おゆう

 男鹿・門前の昔、むかし、赤神神社五社堂への999段の石段が出来る以前のこと。里人は月に1度、先祖代々受け継いできた大事なお堂へお参りを欠かすことはなかった。しかし五社堂までの道のりは、磯づたい・崖づたいの途方もなく険しい道のりであった。
 五社堂の堂守りの娘おゆうは大変な美人。あちこちからの求婚が絶えない。そのおゆうは、里人から「鬼」と呼ばれ、恐れられている「於仁丸」と恋仲になっていた。
しかしそれを知った里人たちは驚いて「鬼だ!」「タタリだ!!」と、於仁丸を追い払おうとする。
 絶望したおゆうは、両親や里を捨てて於仁丸との愛に生きようとする。その様子を見ていた里人たちから、於仁丸にある条件が持ちかけられる
 おゆうと結ばれるためなら、と於仁丸はその条件をのむが・・・。


このホームページに掲載しているイラスト、その他掲載物の無断転載を禁じます。
Copyright(c)Warabi-za All Rights Reserved.