ものがたり

1982年の夏。 今日も都内の銀行で膨大な書類に奮闘している27歳のOL・タエ子。

ある日、彼女の前に、小学5年生の自分が現れた。 何かの病気になったかと家族が心配するなか、タエ子の心には幼い頃に憧れた一つの思いがよぎる。
「夏休みには、田舎へ行ってみたい!」
タエ子は思い切って休暇をとり、憧れの田舎、姉の夫の実家がある山形の高瀬へと、一人でかける。

小学5年生のワタシを連れて。

自然の営みや農家の人々との出会いの中で、都会にはない魅力を発見していくタエ子。
村中に響き渡る祭囃子、エネルギッシュな獅子舞― 東京に帰る前夜。
村の祭りに出かけようとするタエ子に、ばっちゃ(おばあちゃん)は思いがけない申し出をする。 困惑するタエ子に、またも甦る小学校の“おもひで”・・・

小学5年生のワタシが教えてくれたこととは?

時空を超える“おもひで”の旅が、タエ子を変えていく――