スタッフ

齋藤 雅文(さいとう まさふみ) プロフィール

1954年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業。
1980年、松竹傘下の劇団新派文芸部に入る。 新橋演舞場、歌舞伎座、日生劇場、明治座など各劇場の芝居、ミュージカルの数多くの作、脚色を手掛ける。 1994年「恋ぶみ屋一葉」の再々演(作)において、第二回読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。 2007年「竜馬がゆく(立志篇)」にて新作歌舞伎に与えられる大谷竹次郎賞受賞。

近年の作品

  • 「蜘蛛巣城」(演出も)
  • 「信長」(演出・西川信廣)
  • 「マリー・アントワネット」(演出・マキノノゾミ)
  • 「竜馬がゆく 立志篇・風雲篇・最後の一日」(演出も)
  • 日本舞踊協会「欲望という名の電車」(演出・花柳輔太朗)
  • 「眉山」(演出・栗山民也)
  • 「カエサル」(演出・栗山民也)
  • 「ガブリエル・シャネル」(演出・宮田慶子)
  • 劇団青年座「千里眼の女」(演出・宮田慶子) 他、多数。

わらび座作品では、ミュージカル「棟方志功〜炎じゃわめぐ」「義経-平泉の夢」「おくのほそ道」「火の鳥 鳳凰編」を手掛ける。

スタッフ一覧へ戻る