制作発表

[1][2][3][4][5][6][7

劇団わらび座 是永幹夫代表
劇団わらび座 代表
是永 幹夫

劇団わらび座 代表 是永 幹夫(東京公演 主催者代表)

3年前から計画しまして、高畑監督、鈴木敏夫プロデューサーにお会いし、この間、スタジオジブリの皆さんに、協力していただきました。

スタジオジブリ作品初のミュージカルという点で、大変な責務の緊張感があります。 アニメーションのイメージを壊さない、さらに「アニメとは違う魅力があるね」という風なミュージカルにしていきたいと思っております。

今回は、タエ子役に朝海ひかるさん、タエ子の母とばっちゃの2役で杜けあきさん。 お二人は宮城県のご出身で、東北の光と風土を良く知ってらっしゃいます。

3年間、皆様にこの作品を届けたいと思っております。よろしくお願いいたします。


タエコ役 朝海ひかるさん
タエ子役
朝海 ひかるさん

タエ子役 朝海 ひかるさん

「おもひでぽろぽろ」はとても大好きな作品で、まさか自分が大好きなジブリ作品に出られるなんて、本当に夢にも思わなかった出来事です。 今はとてもワクワクして、そして、いい緊張感を持って、この場に立たせていただいております。

タエ子という役は、田舎を知らずに都会で育つわけなんですけれども、その10日間の休暇で、自分の過去を次々と思い出しながら、そして未来につながっていくという、人生の中でとっても大事な10日間を、一生懸命演じてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 

次ページへ >>