●2006年5月〜全国公演















作・齋藤雅文
演出・西川信廣
音楽・飯島 優

美術・朝倉 摂

* 稽古風景
* 舞台より

* 初日の様子

* スコ先生旅日記
* 制作にあたって

* デザインコンペ
結果発表



ものがたり

 青森の鍛冶屋の息子として生まれた志功は、幼い頃から絵の才能に恵まれてはいたが、強度の近眼。家業が立ち行かなくなり、裁判所の給仕になった時に眼鏡を与えられ、「先生、見えすぎます!」と躍りあがった志功は、絵への情熱が爆発し、画家になる決心をする。
 ゴッホに触発され、画業のために上京した志功は、挫折を繰り返しながらもついに帝展に入選。凱旋した故郷で、運命の人、チヤと出会い結婚する。チヤの愛情に包まれ、世界一の画家になると誓う志功。
 しかし、創作は行き詰まり、暮しは困窮を極めていく。独自の世界を見つけたくて突き進む志功を、チヤはどこまでもはげまし続ける。
そして、運命的な師との出会いが・・・。


このホームページに掲載しているイラスト、その他掲載物の無断転載を禁じます。
Copyright(c)Warabi-za All Rights Reserved.