古典落語の演目の一つ。 芝浜で財布を拾った酒飲みの魚屋が帰宅して、これからは遊んで暮らせると祝い酒を飲んで寝てしまった。 翌朝、目を覚ました魚屋に、女房は「すべて夢だ」と諭す。それをきっかけに改心し、魚屋は懸命に働くようになった。三年目の大晦日に女房は真実を告げる――――
ゆめの革財布のチラシがダウンロードできます。
詳しい情報等が載っておりますので、こちらをダウンロードし、プリントしていただければお手元でじっくりとご参照いただけるかと思います。

→チラシダウンロード!
トップへ