観阿弥/世阿弥

観阿弥 (1333年〜1384年)

三重県伊賀出身。 申楽の家に生まれ、専門家として育った。 幼名は観世丸。 長じての名は清次(きよつぐ)。

大和申楽の中の山田申楽の出で、「であいの座」から独立し、伊賀の小波多というところで観世座を建てた。 のちに大和の結崎に移り、結崎座を組織。次第に旺盛な活動となる。 同時期に、奈良の興福寺と春日大社の庇護のもとに入り、14世紀の終わりには、足利義満にひきたてられ、義満の同朋衆となる。

1384年の初夏、駿河国大宮(静岡県富士宮市)の浅間神社にて巡業中、華やかな舞台で観客を魅了したのちに発病し、同地で死去する。

演技者としては、老若男女から鬼畜、草木の精まで演じつくす、実に強力な芸の力を持った人物。 さらに、大和申楽の一つを高度な総合芸術として高い境地で完成させた、天才的な創造者。

作品の特徴は、表現が自由で、対話が生き生きとした点。また、「現在能」といわれる、時間がストレートに進行して逆戻りしないという性質を持っていた。

諸国の大衆を大変大事にする思想を持っていた。 そのため、観阿弥の理解者、支持者群は諸国の非常に広範囲に広がっていた。

「衆人愛敬を以て 一座建立の寿福とせり」
意味・・・広い大衆に訴えかけ、大衆に理解される事が、一座の存続・繁栄となる。
【代表的な作品】
  • 「自然居士」
  • 「嵯峨大念仏の女物狂」
  • 「卒都婆小町」
  • 「静が舞の能」
  • 「通小町」
  • 「融の大臣」



  • 世阿弥 (1363年〜1443年頃)

    大和申楽興隆の最盛期に、結崎座頭領である観阿弥の長子として生まれ、たぐい稀な早熟の神童として一門の期待のもとに、父の手で厳しく教育された。

    幼名は鬼夜叉。13歳の時に父・観阿弥に伴われ、京都今熊野で将軍足利義満に演能を見せた。 それが縁となり、父と共に義満の同朋衆にあげられた。 名も「藤若」と改め、元服して左衛門大夫秦元清となる。

    22歳の時、偉大な父・観阿弥のあとを受けて結崎座を継ぐ。 世阿弥は、芸術的才能のほかに経営の才、組織力も強力で、一座を立派にまとめあげ、発展させ続けた。

    将軍・義満の没後、しだいに栄華の座からすべり落ち、70歳をこえて佐渡島へ流された。

    世阿弥は非常に広い古典の教養をもっており、父親の教えに従って、申楽に先立って発展したより古い歴史をもつ田楽や近江申楽などの芸風を貪欲に取り入れ、大和申楽、結崎座の申楽に新しい試みをどんどんやり間口を広め、深さを増していった。


    【代表的な作品】
  • 「高砂」
  • 「実盛」
  • 「老松」
  • 「砧」
  • 「井筒」
  • 【代表的な能楽論】
  • 「風姿花伝」
  • 「花鏡」
  • 「至花道」


  • 上へ戻る