劇団わらび座 ミュージカル稲穂堂ウェブサイトトップへ 劇団わらび座総合サイトトップへ

あらすじ

梢は26歳。和菓子屋「稲穂堂」の一人娘。なのに子どものころから洋菓子にあこがれて上京、代官山の洋菓子店で腕を磨いている。日本パティシエコンクールへ出場が決まった矢先、ふるさと秋田から、父親が倒れたとの知らせが―。
戻ってみると、店の経営は火の車。祖母ふさ、ベテラン職人利一に押され、梢はいやいやながら1年の期間限定で3代目社長に。
この街の人が喜んでくれるお菓子って?
つまずき、悩む梢を、秋田信金に勤める同級生の智弘が励ます。「夢はつむぎあうものなんだ!」
そしてハロウィンパレードの日、第1回スィーツフェスタが始まった。
梢の挑戦は果たして――


♪ 春の桜 満開の桜 桜餅がおいしいよ
夏は祭り 輝く竿灯 夜店の綿菓子おいしいよ
秋は紅葉 燃え盛る山 落ち葉で焼き芋おいしいよ
そして冬は 一面の雪 野を翔るゆきうさぎ
春夏秋冬 めぐる季節 この街で 夢を紡ごう
あなたと生きてゆこう 一緒に 生きてゆこう

トップへ