舞台風景

「メロスは激怒した」 有名な冒頭で始まるオープニングのテーマソング。 メロス(右)は、暴虐の王に“人は信じられる”ことを証明するため、親友セリヌンティウスを人質に、3日間の猶予をもらう。 ふるさとへ帰ってきたメロスは、2日目に大事な妹の結婚式を挙げる。 3日目の朝、メロスは親友の待つ街へ向かい走った!荒れ狂う川や山賊が、メロスの行く手を阻む。 メロスの信念を揺るがす王、友を信じ続けるセリヌンティウス。メロスは葛藤する。 挫折と復活を繰り返すメロス。自分自身と向き合い、親友のもとへと辿り着けるのか―?! エネルギッシュなオリジナル楽曲で贈る名作。和洋楽器の音とパフォーマンスは必見!