ミュージカル『俺(おい)はサムライ・ドラマー!〜浜田謹吾ものがたり〜』トップ
共催協賛後援
2018年11月25日〜2019年3月21日





ー ものがたり ー

15才の浜田謹吾は鼓手として戊辰戦争に参加し、2000キロ離れた大村から角館にやってきた。
奥羽諸藩から攻め込まれている秋田藩を助けるためだ。
逗留先となった平福家では母によく似たキクが暖かく迎えてくれる。
ところが戦争の過酷さは謹吾の想像を遥かに超えていた。
銃弾が飛びかい、砲弾が炸裂し、家や田畑が焼かれ、謹吾は身も心もすくんでしまう。
黒板隊長に叱咤され、謹吾は懸命に太鼓を叩いた。
敵は二千、味方は六百。
圧倒的に不利だが角館の侍たちと力を合わせ、岩瀬川原で敵を食い止め、ついに追い払うことができた。
しかし、冬が近づき日に日に戦況は不利になっていく。
食べ物も底をつきかけた頃、ユキがゆべしを持って現れる。
ユキは合戦で兄を亡くしたばかりなのに健気に差し入れを持ってきてくれたのだ。
ユキの笑顔を見ながら、謹吾は夢を抱く。
「親切な角館の人たちを守り抜きたい。そして一緒に新しい時代を迎えたい」と。







✴︎ キャスト ✴︎


小山雄大






✴︎ スタッフ ✴︎


脚本・演出/ 栗城 宏


演出栗城宏
1961年福島県出身。北海道大学卒業。 1986年劇団わらび座に入座。8年間役者として舞台で活動した後、劇団の文芸部に所属し、わらび座内外の多くの作・演出を手がける。わらび座作品では日本の有数の演出家(中村哮夫、栗山民也、ジェームス三木、大関弘政)に師事。
2007年文化庁新進芸術家海外留学研修で、ニューヨーク、アッシュランドにて学ぶ。
2014年、「第29回国民文化祭・秋田2014」の開会式・オープニングフェスティバルの脚本演出を手がける。同年、演劇部門で秋田県芸術選奨を受賞。

〈代表作〉ミュージカル「小野小町」演出   (脚本/内館牧子)、「鶴姫伝説」演出   (脚本/高橋知伽江)、ミュージカル「セロ弾きのゴーシュ」脚本・演出、「誓いのコイン」演出   (脚本/高橋知伽江)、   ミュージカル「北前ザンブリコ」演出、(脚本/中島淳彦)、   ミュージカル「松浦武四郎  カイ・大地との約束 」   脚本・演出。






★ 公演スケジュール ★


ミュージカル『俺はサムライ・ドラマー!』スケジュール
※ 公演日程・時間は変更になる場合がございます。
ご了承下さいませ。


料金
予約フォームバナー




sns_facebook      
sns_twitter   Follow @warabiza_jp