※ わらび座ツアー公演の感染症予防対策について


 
New

2022/9/1 スケジュールを更新しました



いつだって青空表紙

☁︎ ものがたり ☁︎

明治36年、3年間のアメリカ留学を終えた阿くりは、東京高等女子師範学校の教授となった。「女子体育を教える女性の教師」を育成すべく、スウェーデン体操、ダンス、バスケットボール等、当時の日本ではまだ未知のスポーツを学生たちに教え、世間から注目をあびていた。しかし、女性が運動することへの理解が無い時代。新聞で教育方針をたたかれたり、ブルマー先生と陰口を言われたり、むずかしい立場に立たされる。その頃出会ったのが若き軍人、松橋倫太郎だ。夢を追いかけて走る阿くりと、保守的な家庭に育って夢をあきらめた倫太郎ー倫太郎が阿くりの窮地を救い、2人は惹かれあうようになる。しかし、ロシアとの開戦がじりじりと近づいていた。それは世界の平和を願う祭典であるオリンピックがアメリカで開催される年でもあった。日本のオリンピック参加、そして女子選手の参加を夢見る阿くりにとって試練が続く。
いつも笑顔を忘れない阿くりだが・・・・・・。

☁︎ 井口いのくち くりくりとは?! ☁︎
井口阿くり

明治3年、秋田市南通亀ノ町に生まれる。
現在のお茶の水女子大学を卒業後、アメリカへ留学し、当時の世界最先端の女子体育教育を学ぶ。
その後、日本で " 女性もスポーツをする "という新しい常識をつくるために尽力した人物。
進藤孝三編著『 −日本女子体育の母− 井口阿くり女史』(温故館 | 1986年)では、「日本的傑物、否不世出の大教育家」と評されている。

授業風景

☁︎ キャスト ☁︎

鈴木潤子

井口いのくち 阿くりくり ⁄ 鈴木 潤子

三重野葵

松橋 倫太郎 ほか ⁄ 三重野 葵

渡辺哲

進藤 孝三 ほか ⁄ 渡辺 哲

久保田美宥

松橋 ベニ ほか ⁄ 久保田 美宥

冨樫美羽

林田 ルリ ほか ⁄ 冨樫 美羽

佐藤千明

森園 コン ほか ⁄ 佐藤 千明

平野つくし

楠見 ミドリ ほか ⁄ 平野 つくし

☁︎ スタッフ ☁︎

脚本・作詞/ 高橋 知伽江


高橋知伽江
東京外国語大学ロシア語学科卒。劇団四季の勤務を経て、フリーランスでミュージカル台本の執筆、翻訳、訳詞を手がける。
2013年4月~2017年3月、水戸芸術館演劇部門芸術監督。
第4回 小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞(ノエル・カワード作『出番を待ちながら』、『秘密はうたう』)。
第23回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞(劇団四季『アラジン』訳詞)。
主な執筆脚本:『鶴姫伝説』、『誓いのコイン』(以上、坊っちゃん劇場)、『手紙』(東野圭吾原作)、『夜のピクニック』、『生きる』(黒澤明監督の同名映画脚色)、『バケモノの子』(劇団四季)。
最近の翻訳:『アラジン』『ノートルダムの鐘』『パリのアメリカ人』(以上、劇団四季)、『GHOST』、『アリージャンス〜忠誠』他 。その他、ディズニー映画の訳詞も手がけている。『アナと雪の女王』、実写版『美女と野獣』、『塔の上のラプンツェル』『魔法にかけられて』など多数。




演出/ 栗城 宏


演出栗城宏
1961年福島県出身。北海道大学卒業。 1986年劇団わらび座に入座。8年間役者として舞台で活動した後、劇団の文芸班に所属し、わらび座内外の多くの作・演出を手がける。わらび座作品では日本の有数の演出家(中村哮夫、栗山民也、ジェームス三木、大関弘政)に師事。
2007年文化庁新進芸術家海外留学研修で、ニューヨーク、アッシュランドにて学ぶ。
2014年、「第29回国民文化祭・秋田2014」の開会式・オープニングフェスティバルの脚本演出を手がける。同年、演劇部門で秋田県芸術選奨を受賞。
〈代表作〉ミュージカル「小野小町」演出   (脚本/内館牧子)、「鶴姫伝説」演出   (脚本/高橋知伽江)、ミュージカル「セロ弾きのゴーシュ」脚本・演出、「誓いのコイン」演出   (脚本/高橋知伽江)、   ミュージカル「北前ザンブリコ」演出、(脚本/中島淳彦)、   ミュージカル「松浦武四郎  カイ・大地との約束 」   脚本・演出。ミュージカル「空!空!!空!!!」演出。

作曲 / 飯島 優

編曲 / 沼井 雅之

振付 / 新海 絵理子

美術 / 高橋 知佐

照明 / 日下 由香

音響 / 佐藤 亜希子

衣装 / 市橋 幸恵

小道具 / 平野 忍

ヘアメイク / 馮 啓孝

演出・振付助手 / 丸山 有子

音楽助手 / 紫竹 ゆうこ

舞台監督 / 仁 しづか

☁︎ スケジュール ☁︎

公演日開演
時間
場所詳細・お問い合わせ
2022年
5月18日(水)
14:00
18:30
東京オルタナティブシアター
(東京都 千代田区)
全席指定(税込)
5,000円

【主催】わらび座 【助成】日本財団

<お問い合わせ>
わらび座公演事業部
TEL:0187-44-3332 (平日9:00〜17:00)
メール:o-kita@warabi.or.jp
2022年
5月19日(木)
10:30
15:00
2022年
8月28日(日)

【公演延期】
12月18日(日)
14:00 東ソーアリーナ
(山形県 山形市)
全席指定(税込)
一般5,000円

【主催】山形県、公益財団法人 弦 地域文化支援財団 

<チケットお申込み・お問い合わせ>
◎東ソーアリーナ TEL:023-689-1166
(受付時間9:00〜19:00 )

◎わらび座公演事業部
TEL:0187-44-3332
(受付時間平日9:00〜17:30)

★先行予約受付中 
★2022年3月26日(土)チケットオンセール
メール:o-kita@warabi.or.jp

2022年
9月18日(日)
13:30 安城市民会館
大ホール
(愛知県 安城市)
全席指定(税込)
S席:5,000円 A席:4,000円
小中高校生(A席のみ):2,500円
※ 当日券は500円増 未就学児不可

【主催】2022年度安城わらび座をみる会・わらび座 

<お問い合わせ>
実行委員長 坂田成夫 TEL:090-7675-6618
わらび座名古屋事務所 岡崎次余
TEL:090-3255-9328
メール:okazaki@warabi.or.jp




2022年
11月23日(水)
14:00 蕨市民会館
コンクレレホール
(埼玉県 蕨市)
全席自由前売り(税込)
一般:3,000円
高校生:2,000円
小中学生:1,000円
※ 当日券は500円増 未就学児入場不可

【主催】蕨市民会館・公益社団法人全国公立文化施設協会
【共催】蕨市・蕨市教育委員会
【後援】蕨市文化協会
【協力】蕨市♡わらび座マリアージュの会

<お問い合わせ>
蕨市民会館
TEL:048-445-7660
(9:00〜17:00)

一般社団法人わらび座 公演事業部
TEL:0187-44-3332
メール:o-kita@warabi.or.jp

☁︎ チケット ☁︎

☆ ご予約・お問い合わせフォームへ

☆ わらび座オンラインチケット

QRコード

<わらび座ツアー公演の感染症予防対策について>  

公演開始後は、以下の通りの新型コロナウイルス感染症予防対策を徹底したうえで、上演を実施させていただきます。
新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者または疑いのある方の入場はご遠慮いただきます。
  • 入場時に検温を実施させていただきます。37.5℃以上の熱がある方や体調のすぐれない方は入場をお断りし、払い戻しいたします。
  • 当日券購入のお客様は、窓口購入時にお名前、お電話、ご住所をご記入いただきます。
  • お客様にマスクの着用と「咳エチケット」のご協力をお願い致します。
  • 入場時の手指消毒をお願い致します。
  • 開場時に、入場口や客席扉を開け、換気させていただきます。
  • 手すり、ひじ掛け、扉など、直接手がふれる箇所は除菌作業を行っております。
  • 出演者のロビーでのお見送り等は中止いたします。
  • お客様からの花束や差し入れ等の役者への直接手渡しは、お控えいただきますようお願い致します。プレゼントは受付にてスタッフがお預かりします。お預かりする際は、お客様のお名前、お電話、ご住所をご記入いただきます。
  • 座席は基本的に、国の感染症対策ガイドラインに則って収容人数100%で上演いたします。
    (ただし、公演する自治体や主催者で収容人数に制限がある場合は、そのガイドラインに従って上演いたします)  
  〒014-1113 秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430 
 一般社団法人わらび座 公演事業部
 TEL:0187-44-3332 FAX:0187-44-3318

☁︎ ニュース ☁︎

2022/3/24
わらび座公演、約3年ぶりの東京公演開催が決定しました!
2019年にわらび劇場でのみ上演された、ミュージカル「いつだって青空 〜ブルマー先生の夢〜」が、今年から全国ツアーをスタートいたします。
全国公演初日となる東京公演、私たちも皆さまと劇場でお会いできるのを楽しみにしております!

主催:わらび座 助成:日本財団

お申込み方法:
★わらび座先行発売 3月30日~ わらび座公演事業部(平日9:00~17:00) 
TEL 0187-44-3332
MAIL o-kita@warabi.or.jp
オンラインチケット https://www.warabi.jp/info/gettii.html

★プレイガイド発売 4月4日~イープラス、チケットぴあ


いつだって青空東京公演チラシ

sns_facebook      
sns_twitter   Follow @art_warabiza