ミュージカルびっくり理一郎!トップイメージ画像

チケット購入はこちら

びっくり理一郎!イメージライン

びっくり理一郎!の物語

   明治の世になり、憲法や国会など国のありかたが議論されていた頃、東京で福沢諭吉の教えを受けた理一郎は、「新しい国作りに地方も遅れをとってはならない」と郷里に帰ってきた。新聞を発行し、若者に学問を教え、東奔西走。しかし新妻のやすは怒り心頭だ。毎日の様に議論だと言っては酒を飲み、遅く帰ってきては激しいイビキをたてて昼まで寝ている。二人が言い争いをしていると小作の佐吉が現れ、家が村八分にされていると訴える。貧しい農民たちが起こした暴動事件に父親が加わっていたためだ。世の中は暴力では変えられない。理一郎は誰もがしっかりと学べる場、学友会を作り、さらに自ら政治の世界に飛び込んだ。10年後国会議員となり、お国のために論議を尽くそうと奮闘していた時、陸羽地震が起き再び郷里へ舞い戻り、秋田県長者番付12位の力でなんとか復興の先頭に立とうと奔走する。ところが、村人の心がどうしても一つにならない。お金の力では解決できない壁があったのだ。八方ふさがりとなった時、やすが語った一言から、理一郎はびっくりするようなアイディアを生み出す。そのアイディアとは・・・・
びっくり理一郎!坂本理一郎(東獄)の写真

坂本東嶽
(さかもととうがく)


坂本理一郎(東獄)は文久元年(1861)に秋田県仙北郡千屋村小森(現美郷町)に生まれる。東嶽は漢詩を愛した文人としての号。10歳で六郷町の熊谷松陰に師事し、儒学、和漢を学び始める。12歳で上京し、洋学を学ぶ。
●明治23年(1890年)29歳の時に秋田県議会議員になる。
●明治27年(1894年)には衆議院議員になる。
●明治29年(1896年)陸羽大地震がおこる。それを機に秋田に帰り地震で破壊された千屋の町の再生を推し進める。以降農業を経済の基本にした産業改革や、教育の振興にも尽力。
●明治37年(1904年)貴族院議員になる。
●大正4年(1915年)体調を崩し公職を辞す。
●大正6年(1917年)57歳で死去。
9人の子どもがおり手紙のやりとりからは父母家族を大事にしていることが伝わってくる。私心のない高潔な人格、そして郷土をこよなく愛した理一郎の心は、「東嶽精神」として人々の心に息づいている。

びっくり理一郎!イメージライン

びっくり理一郎!のキャストとスタッフ

びっくり理一郎!主演笠倉祥文写真

坂本理一郎(東嶽) 役 : 笠倉祥文 (芹川事務所)

びっくり理一郎!丸山有子の写真

坂本やす 役 : 丸山有子 わらび座

びっくり理一郎!高田綾の写真



まり 役(ダブルキャスト) : 高田綾 
わらび座

びっくり理一郎!髙橋真里子の写真



まり 役(ダブルキャスト) : 髙橋真里子(美郷町出身) 
 わらび座

 

脚本・演出/栗城宏 作曲/紫竹ゆうこ 編曲/菅原弘明 ステージング/高田綾 美術/宮本博司 照明/日下由香 音響/福地達朗 衣装/樋口藍 小道具/平野忍 演出助手/安達真理 舞台監督/仁しづか

びっくり理一郎!イメージライン

びっくり理一郎の公演日程

びっくり理一郎の公演スケジュール表

公演場所・問い合わせ・申し込み
あきた芸術村 わらび劇場

わらび劇場 TEL: 0187-44-3915
わらび座オンライン予約
http://www.e-get.jp/warabi/pt/

びっくり理一郎!イメージライン

びっくり理一郎!のフォトギャラリー

舞台の名場面等お伝えしてまいります。
しばらくお待ちくださいませ。

びっくり理一郎!イメージライン

びっくり理一郎!イメージロゴ