研究生募集

カリキュラム
【主な受講内容】

劇団わらび座養成所のカリキュラム内容です。
民族伝統をベースに、多彩な表現で日本のオリジナルミュージカルを上演するわらび座の舞台に必要な能力を身につけます。

 SCトレーニング
マット運動や動きと呼吸など、しなやかで強い身体を作るための基礎トレーニングです。
 舞踊
わらび座の伝統である民舞をはじめ、日本舞踊、モダンダンス、殺陣など多岐のジャンルにわたって踊る身体と心を養います。
 演劇
呼吸、発声の基礎から舞台に必要な声づくりと所作(動き)、相手とのコミュニケーション、感情の変化などこころと身体で演技の基礎を身につけます。
 音楽
呼吸、発声の基礎からはじまり、ミュージカルナンバー、イタリア歌曲、オペラ、日本の歌などを教材に、訓練していきます。和太鼓や笛などの和楽器にも挑戦します。
 講義
わらび座の歴史、民族芸能、伝統論や演劇伝統論を学びます。 また、時代と人間を捉えるための講義、劇場の舞台機構講義も行います。
 体験実習
田植え・稲刈りなどの農作業実習や登山、本物を見る芸能祭見学など、身体で学びます。
 舞台実習
2年目は、わらび劇場で公演中の作品へ出演します。 稽古から本公演と、先輩たちと共に舞台に立ち、経験を積みます。
【受講期間】  2年間

【年間行事】
4月 開講式
5月下旬 田植え実習
6月 特別講義
7月 歌舞伎鑑賞
8月 みちのく北上芸能祭見学
9月 特別講義「民族芸能・民謡論」
角館祭り見学
10月 登山
12月 卒業発表(2年生)
3月 修了発表(1年生)

民族芸能の発生元でもある農作業などを体験することで、舞踊の基礎を身体で覚えます。

自然との共生、生命を肌で感じとり、多彩な表現へとつなげていきます。

 
 
 
 
 

【授 業 料】
入所金 5万円
授業料
第一期(4月〜7月) 15万円
第二期(8月〜12月) 15万円
第三期(1月〜3月) 10万円
教材費・実習費 年間 5万円程度

上へ戻る