新リキノスケ走る!タイトルロゴイメージ

制作意図・ものがたり

あらすじ

小泉村(現秋田市)で生まれた理紀之助は学問のために19歳で家を飛び出し江戸を目指したが、挫折。桑崎村(現湯沢市)の庄屋高橋正作に助けられ、幾度も飢饉を乗り越えてきた実践に感動し秋田で生きる事を決意する。県庁の役人となり、種苗交換会を始めるなど農業経営のために奔走し次々と成果をあげる。しかし39歳の時、東北一帯が冷害に見舞われると、「農民を救えるのは農民自身」と県庁を辞め、山田村(現潟上市)の復興を成し遂げるが、同時に「理紀之助のやり方は極貧者には当てはまらない」と批判の声があがる。「誰よりも貧しい暮らしをして、それでもお金が稼げる事を実証する!」と、草木谷で命を刻むような暮しを始める。  
1902年(58歳)には森川源三郎らと九州宮崎まで農業指導に出かけ、68歳になってもなお、九升田救済事業に情熱を燃やすまで、「農聖」と呼ばれた石川理紀之助の七転八倒の生涯と、誰も知らなかった心の軌跡を描きます。

公演スケジュール

公演スケジュール表

公演場所

問い合わせ・申し込み

わらび劇場 TEL: 0187-44-3915
秋田商工会議所 TEL: 018-866-6676
わらび座オンライン予約 
http://www.e-get.jp/warabi/pt/
主催・制作・協力

主催/ミュージカル「新リキノスケ走る!」公演実行委員会
制作/わらび座 
協力/秋田まちづくり(株)

トップへ